日々の4コマ漫画エッセイ

息子の修行

男の子あるあるなんだけど、どこへ行っても棒を拾ってこない?

彼らはそれを剣(ソード)と呼んでいて、何が他の棒と違うのかよく分からないけど、コレクションした棒にもランクをつけている。その自慢の棒がどれだけ素晴らしいかを時々熱く語ってくれたりするけど、戦いで折れたりするとあっさりゴミのような扱いになったりもする。不思議。

それらの棒が集まりすぎると、時折こっそり薪ストーブで燃やしちゃったりしているんだけど、案外気づかれない。だって散歩に行ったら必ず棒拾ってくるんだもん。

と言う訳で、散歩に行っても、公園でお友達と遊んでいても必ず棒を拾いが始まる。そして戦いが始まったり、棒自慢が始まったりする。男の子の習性なのかしら?

ニュージーランドでは先日まで厳しいロックダウンで、自宅学習となっていました。どうしても室内にこもってゲームをしたがるので、少しは外で遊んだら?って言うと、屋外に出る。だけど、何をやるかって?そう、決まって棒を振り回して戦っている。外遊びって戦い以外にないのかしら?でどちらかが泣く。これお決まり。

ちなみに私がこの4コマを描いていたら、長男の一言「ママ、僕のソードはこんなんじゃないよ!」だって。どうやらもっとかっこいい形をしているんだそうです。

  • この記事を書いた人

naomigarden

イラストとガーデニング関連のお仕事しつつ、アーティスト活動も。南半球ニュージーランドに移住して、サスティナブルな生活に目覚め!?少しずつ取り入れ始めたところ。元気盛りの男児2人の子育て奮闘中。

-日々の4コマ漫画エッセイ

© 2022 トコロカワレバ Powered by AFFINGER5